3D技術・3Dプリンター造形

  • コンピュータを利用した三次元(3D)技術の応用分野は多岐にわたります。

    一般に馴染み深いものとして、「3DCG」を活用した映像分野があります。TV等の広告映像、映画やアニメ、ゲームなどのエンターテインメント、プロモーション、プレゼンテーション、シミュレーション映像、プロジェクションマッピング、AR(拡張現実)、メタバース(Web上の仮想空間)、地図情報、医療分野など、3DCGは非常に広範囲に利用されています。

    一方、3D技術はモノ作り(プロダクト)の分野にも活用されています。
    「3D CAD」と呼ばれるコンピュータ上で三次元の図面を作図するソフトウェアがあり、おもに自動車、家電などの工業製品の設計に活用されています。他にも建築・建設・土木などの設計・解析、玩具・宝飾品などのプロダクトデザインにも利用されています。

    最近では3Dプリンターも話題になっています。
    数万円で買える手頃な3Dプリンターも市販されており、個人でモノ作りを楽しむ人も増えていると言われています。

    このように、3D技術はすでにさまざまな場面で活用されています。当社では従来の印刷サービスに加え、この3D技術についてプロモーション利用や3Dプリンターによる商品づくりの取り組みを始めています。

お問い合わせはこちらから